口臭治療

口臭の原因

口臭

病気が原因でおこる口臭を「病的口臭」といいます。

病的口臭は、鼻・のどの病気や、糖尿病、肝臓疾患などの全身疾患が原因となることもありますが、90%以上は口の中に原因があるともいわれています。

口の中が原因で起こる口臭には次のようなものがあります。

歯周病

歯周病では、歯垢や歯石にひそむ歯周病を起こす細菌が毒素を出して、歯茎や歯の根を溶かしていきます。歯茎が頻繁に腫れ、歯磨きをしたときに血に混じって膿が出る症状がある場合には口臭の原因となります。歯と歯茎のすき間にできる歯周ポケットに溜まった汚れが臭いを発することもあります。

歯垢・歯石

歯垢・歯石

口の中を丁寧な歯磨きで清潔にしていないと歯垢や歯石がたまります。歯石がたくさんつくようになると口臭の原因となります。歯石には細菌がたくさん棲んでいるので歯周病も進行します。

虫歯

虫歯には独特の臭いがあり、進行するにつれて口臭の原因となります。虫歯が神経まで達して神経が腐ってしまうと、口臭もきつくなります。

舌苔(ぜったい)

舌の表面にみられる白い苔状のものを舌苔(ぜったい)と呼びます。舌苔は歯垢と同じように細菌や食べかす、口の中の古くなった粘膜が剥がれ落ちたものなどの塊でできています。体調が悪い時など、免疫が低下した時に増えることがあります。舌苔を取ろうとして舌を強くこすりすぎると、舌の表面が傷ついて炎症が起こり、口臭が強くなることもあるので注意が必要です。

唾液の減少

唾液には口の中の乾燥を防ぐ、口の中を洗い流す、口の中の細菌が増えることを抑える、口の中の粘膜を保護するなどの働きがあります。唾液が少なくなると、口の中が乾燥し、虫歯や歯周病にもなりやすくなり、口臭の原因となります。

義歯(入れ歯)のお手入れ不足や古い金属の詰め物やかぶせ物

入れ歯のお手入れ

プラスチックの義歯(入れ歯)のお手入れを怠っていると汚れや臭いが染みついて口臭の原因となります。昔に入れた金属の詰め物やかぶせ物と歯の間にすき間ができて、中に汚れがたまると口臭がします。

歯周病による口臭は治療できる?

歯科でのクリーニング

歯周病は自覚症状がなく進行していく病気です。初期には口臭はそこまで気にはなりませんが、歯磨きをして出血や膿が出るようになると、口臭もきつくなってきます。

歯周病は歯垢や歯石の中にいる歯周病を起こす細菌が毒素を出して、歯周病を進行させています。

歯科で専門のクリーニングを行って歯垢や歯石をきれいに取り、口の中を清潔に保つことが大切です。定期的にしっかりとクリーニングを行い、歯垢や歯石の付着を予防していると、口臭も軽減するケースが多いです。

口臭でお悩みのかたは、ぜひ一度ご相談ください。