入れ歯治療

入れ歯治療とは?

入れ歯治療

歯を虫歯や事故などで失うと、咀嚼(そしゃく:ものを噛む)や嚥下(えんげ:飲み込む)、発語などに支障をきたし、失った歯だけではなく周りの骨や組織の他に、外観的にも影響を与えます。

そこで、失った歯の機能を補うものの一つとして入れ歯があります。

稀に「歯が無くても何の問題もない」と仰って、硬い煎餅などを食べている方もいます。歯が抜けたままにしておくと、噛む力が弱くなるだけではなく、残っている歯に負担がかかり過ぎたり、隙間ができることで歯が傾いたりします

抜けたままにせずに、しっかりと歯科でケアしましょう。

入れ歯治療の流れ

  1. 歯と歯茎の型どりをします。
  2. 咬合採得(咬み合わせをみます)
  3. 個人の型に合わせて歯を並べ、仮の入れ歯を作製します。
  4. 咬み合わせや色などのチェックを終え完成です。

入れ歯の種類と選び方

入れ歯には保険適応のものと自費のものがあります。機能や審美性、装着感、費用などを考慮しつつ、患者さまの希望にあったものを選びます。

保険適応の入れ歯

プラスチック製の入れ歯

レジンとよばれるプラスチック製の入れ歯になります。

自費の入れ歯と比べると、安価で作製できる点がメリットです。デメリットは、厚みがあるため熱が伝わりにくかったり、厚いがゆえに壊れやすかったりする点です。

自費の入れ歯に比べて安価で、作製までの期間が短いため、お口の状態にあわせて作り替えていきたい方におすすめしています。

自費の入れ歯

金属床の入れ歯

より審美性を求めたい場合、金属アレルギーが気になる場合などには、自費の入れ歯をおすすめすることもあります。主に次のようなものがあります。

  • 金属製のプレートを使用した入れ歯(薄くて壊れにくく、汚れもつきにくい)
  • チタンプレートを使用した入れ歯(金属アレルギーを起こしにくく軽くて扱いやすい)
  • シリコンを使用した入れ歯(柔らかくクッション性が高くフィットし、外れにくい)