インプラント

インプラント治療とは

インプラント

インプラント治療とは、虫歯や歯周病、外傷や腫瘍、先天性欠如などにより、歯を失った場合の治療です。人工歯根を顎の骨に埋め込み、そのうえに義歯を被せます。

入れ歯やブリッジと異なり、隣にある歯を削る必要性がなく、耐久性にも優れています。審美的にも自然歯とほぼかわらない見た目をしています。

一方で、外科的な治療(手術)が必要になるため、からだに負担となったり、服用している薬剤などから、治療を受けられなかったりする場合もあります。治療期間が長く、治療費が自費になる点にも注意してください。

当院では、歯を失った場合の治療のひとつとして、入れ歯・ブリッジなどとも比較しながら、より患者さんに適したものをご提案しています

治療の流れ

インプラント治療の流れは、以下の通りです。

  • 問診と精密検査(インプラント治療の対象となるのか、疾患や薬剤、全身状態の確認)
  • インプラント埋め込み手術
  • 義歯の作製及び装着
  • 治療後のメンテナンス

歯科治療は終了しても、定期的に歯科の健診を受けることで、異常やトラブルの早期発見、早期治療につながりますので、メンテナンスは必ず行いましょう

インプラント治療が受けられない患者様

インプラント

インプラント治療を行う上で、治療の妨げになるようなリスクがないかを必ず確認する必要があります。 以下の病気がある場合には、要検討となります。

  • 糖尿病
  • 骨粗しょう症
  • 貧血
  • 脳梗塞・心筋梗塞の既往歴
  • 抗血栓治療薬の服用 など

また、自己免疫疾患である関節リウマチやシェーグレン症候群、全身性エリテマトーデス等で、長期間にわたってステロイド剤を服用している方も、骨結合が難しく、感染症を引き起こしやすいため、手術のリスクが高いです。

治療後もメンテナンスを

インプラント

インプラント治療は、顎の骨に埋め込む手術ですので、治療期間は他の治療と比べると長期的になります。

「やっと、治療が終わった」と安心される方も多いかと思いますが、インプラントは埋入後のケアも非常に重要です。

全身状態や病気の悪化などで、感染症を引き起こす危険性もありますし、何といっても歯周病により、他の歯が使えなくなるとインプラントにも影響をきたします。

埋入後も、普段から口腔内のケアと、歯科健診などのメンテナンスは継続していきましょう。