小児歯科

小児歯科について

小児歯科

「乳歯はそのうち生え変わってしまうから、虫歯になっても大丈夫」と思っていませんか?

乳歯が虫歯によって早く抜けてしまうと、次にでてくる永久歯の位置がずれることで歯並びが悪くなったり、よく噛むことができず顎の成長に影響が出たりします

また、乳歯は永久歯よりも厚みが薄く、歯質も軟らかいため虫歯の進行も早く、歯の神経まで虫歯が進みやすいです。

歯の神経まで虫歯が進み、歯の根っこに膿が溜まると、その下に埋まっている永久歯の成長にまで影響を及ぼします。

乳歯はいつか抜けてしまいますが、お子さんの健康や成長にとって大事な役割を持っているので、日常のケアや定期的な歯科検診がとても大切です

子どもの歯科治療について

歯の治療の内容は大人とほとんど変わりません。
しかし、初めての虫歯治療を不安に感じるお子さんも少なくありません。事前にしっかりとコミュニケーションをとり、優しい声掛けで不安や緊張を取り除いてあげましょう

治療に入る前にこれから行うことを十分に話して(Tell)、使用する道具を見せて(Show)、触らせながら治療を行う(Do)、Tell-Show-Do法という方法があります。3歳以上のお子さんは十分に意思の疎通ができる年齢なので、コミュニケーションをとりながら治療に対する理解を促し、歯科治療に対する不安や恐怖を克服させるよう努めています。

小児歯科で虫歯を予防しよう

歯磨き指導

歯みがき指導

歯科医院では歯科衛生士によって歯磨き指導が行われます。
歯のどこに汚れがついているか分かりやすくするために、汚れを染めだす専用の薬剤を使います。 色がついた部分を鏡などで確認し、歯ブラシの当て方や動かし方を指導します

フッ素塗布

フッ素入り歯みがき粉

フッ素を塗ることで歯が強くなり、虫歯になりにくくなります
市販の歯磨き粉にもフッ素は入っていますが、歯科医院で塗るフッ素は濃度が高いため、虫歯予防の効果も高く、定期的に塗ることで虫歯予防につながります。

歯の生えはじめや永久歯へ生え変わる時期は歯自体が未熟なので、この頃にフッ素を取り込むとさらに虫歯予防に効果があります。

シーラント

奥歯の溝など汚れが溜まりやすい部分を、虫歯になる前に埋めてしまう処置のことをシーラントいいます。 乳歯、永久歯にかぎらず、生えてすぐの歯は未熟で奥歯の溝も複雑なため、フッ素塗布よりも虫歯予防の効果が高いです。
一度埋めた部分は取れたり、欠けたりする可能性があるため、半年を目安に歯科医院へ受診することがおすすめです

食生活習慣指導

おやつ

小児の虫歯の多くは不適切な食生活習慣が影響しています。どれだけちゃんと歯磨きをしていてもダラダラと頻回に食事をしていては虫歯は予防できません

食べ物の種類と正しい噛みかたについて正しい知識を身につけそれを実践することで虫歯の予防だけでなく、正常な味覚形成や正常な歯並びの育成など顎口腔系の小児の発育成長にとって最も重要なポイントと考えています。