マタニティ歯科

マタニティ歯科とは

妊婦さん

マタニティ歯科では、妊娠中の歯科治療を行います。妊娠すると心身の変化だけでなく、お口の中も妊婦さん特有の症状が現れやすくなります

妊娠すると女性ホルモンのバランスが変化し、普段よりも歯肉炎になりやすくなります。妊娠中に起こる歯肉炎のことを「妊娠性歯肉炎」といいます。

歯肉炎はお口の中に蓄積した歯の汚れ(プラーク)が原因で歯茎に炎症が起きます。進行すると出血や腫れなどの症状がみられますが、初期は症状がなく気づきにくい病気です。

歯肉炎が進行した歯周炎は、早産や低体重児出産のリスクが高くなるともいわれています。

いずれも日頃の歯磨きをしっかりと行うことで予防できる病気なので、妊娠中の歯科検診はとても大切です。

妊娠中にかかりやすいお口の病気

妊娠性歯肉炎

歯肉炎

妊娠することによって起こる歯肉炎のことをいいます。

症状は普通の歯肉炎と同じように、歯茎の腫れや出血などの症状が見られます。痛みがないため気がつかないうちに悪化しやすいです。

基本的には歯についた汚れを除去し、清潔な状態にすることで予防できます。

妊娠性エプーリス

一部の歯茎が大きく腫れるという症状がみられます。この腫れは良性のもので、出産後自然と治ることが多いです。日頃のケアをしっかりと行い、お口の中を清潔に保ちましょう。

虫歯や歯周病

ガム

妊娠すると唾液の分泌が少なくなり、妊娠前より虫歯や歯周病になりやすい状態です。どちらも日頃のお口のケアによって予防ができますが、つわりがある時期は食生活が不規則になったり、歯磨き自体が難しかったりすることもあります。

その場合の対策として

  • 歯ブラシのヘッドの部分を小さいものに変える
  • 歯磨き粉はつけないか、匂いの少ないものを選ぶ
  • 小まめなうがい、抗菌作用のある洗口剤を使用する
  • キシリトール入りのガムを噛む

などがおすすめです。

妊婦さんの歯科治療について

妊娠中の歯科治療の最適な時期として、妊娠初期や後期は応急処置に留め、体調の安定している妊娠中期(安定期)に治療を行うことをお勧めします。

妊婦さんが心配されやすいものに、レントゲン撮影や麻酔の使用があります。

レントゲン撮影

歯科のレントゲン

歯科医院で行うレントゲン撮影は撮影部位がお腹から離れていること、歯科で使うレントゲンは被曝線量も少ないため、お腹の中の赤ちゃんやお母さんにも問題ありません

また、撮影するときには防護エプロンというレントゲンからお腹を守る物も使うため、安心して撮影できます。

麻酔

歯科治療で使用する麻酔もレントゲンと同様に、妊娠中に使用しても問題ありません。逆に使用せずに痛みを我慢して治療を行うほうが、赤ちゃんにもお母さんにもストレスがかかってしまいます。

お腹の中の赤ちゃんはもちろん、お母さん自身の健康のため、妊娠中の歯科検診をお勧めしています。