矯正歯科

矯正歯科ってなに?

矯正歯科

矯正歯科は上下の歯のかみ合わせや歯並びを整える治療です。

不正咬合とは、歯並びの不ぞろいや、上の歯と下の歯の歯並びがお互いにかみ合わないことです。不正咬合があると、食べる・話すことへ支障きたす、虫歯や歯周病になりやすくなる、口臭の原因となる、顎への負担がかかる、口の中を傷つけるなどの問題が生じます。

治療が必要な不正咬合

治療が必要となる不正咬合には以下のものがあります。

上顎前突

上顎前突は出っ歯ともいわれ、前の歯が前に突出している場合や上の歯全体が下の歯全体よりも前に出ている状態です。口を閉じることが難しい場合や前歯を折るなどの怪我につながりやすい、下の歯が上の歯茎を傷つけているなどの問題が出てきます。

反対咬合

反対咬合は受け口とも表現され、下の歯全体が上の歯全体よりも前に出ている状態です。上と下の顎の大きさのアンバランスから起こる場合や歯の傾き具合に問題がある場合とがあります。ものを上手くかめない、聞き取りにくい発音になるなどの問題が出てきます。

叢生(そうせい)

八重歯があることや、歯並びがでこぼこになっている乱ぐい歯を指します。歯並びがでこぼこであると歯ブラシがうまく当たらない部分が出てきて虫歯や歯周病になりやすくなります。

開咬

かんだときに前歯がかみ合わない状態で、前歯でものをかみ切ることができない、発音が不明瞭などの問題がみられます。

額変形症

上下の顎の骨のずれや曲がりなどがあるとかみ合わせや発音、見た目などの問題が生じます。

大人の矯正、子供の矯正

大人と子供の矯正の特徴についてみていきましょう。

大人の矯正

大人の矯正

大人の矯正では、正しいかみ合わせときれいな歯並びをつくることで、食べることや発音で抱えていた悩みを解消します。見た目を改善することで、自分に自信が持てるようになります。最近では口元の美しさを求め、大人になってから矯正を行う方も多くなってきています。従来の金属の矯正装置に比べて、目立ちにくい装置もありますので、状態やご希望に応じて選択が可能です。歯並びやお口に関する日常生活のお悩みがありましたら、当院までご相談ください。

子供の矯正

子供の矯正

子供は顎の成長をコントロールしながら治療を行うことができ、後から生えてくる永久歯がきれいにおさまるような歯並びにそろえることができます。子供の歯は大人に比べて動きやすいので、矯正時の痛みも少なく、矯正後の状態にも歯や歯茎、顎の筋肉が適応しやすいという特徴もあります。お子様の歯並びやかみ合わせで気になることがあればお気軽にご相談ください。