無痛治療

無痛治療とは

無痛治療

歯の治療の殆どは痛みを伴う処置が多く、殆どの人が歯科受診する時に不安や恐怖心を抱いているのではないでしょうか。

歯科治療中に痛みが伴うことが予測される場合には麻酔をしますが、その麻酔注射の針が刺さる時、そして麻酔薬が注入される時にも痛みがあり、不快なものです。

そこで、治療開始前の注射の針を刺す時の痛みでさえも取り除けることを、無痛治療といいます。

痛みに対する当院の取り組み

当院では治療に伴う痛みをできるかぎり取り除くため、次のような取り組みを行っています。

表面麻酔

治療を行う歯肉の周辺にゼリー状の表面麻酔を行います。麻酔注射の前の前処置であり、注射針の痛みをなくします。

麻酔の注射針

一般的な注射針と比べると、かなり細い注射針を使用します。針を極細にしたことで、痛みを激減させます。

麻酔の温度管理

歯科麻酔

麻酔薬と体温の温度差が刺激となり、痛みを引き起こす原因となります。使用する麻酔薬は、体温と同じくらいの温度になるように温度管理を行っています。

治療前のカウンセリングと口腔内写真

治療前のカウンセリング

カウンセリングを通じて、医師が病状を把握するだけではなく、患者さんにも治療の内容をご理解いただくよう努めています。

具体的には、治療に入る前には必ず口腔内写真を撮影させていただいております。

治療前の状態を目で見て確認し、「これからどんな治療を行うのか」を知ることで、治療への不安を少しでも軽減できるよう、丁寧な説明を心がけています。