予防歯科

予防歯科とは

予防歯科

みなさんは最近いつ歯医者に行きましたか?ほとんどの人は歯が痛くなってから歯医者に行くことが多いのではないでしょうか。

痛みがでてからの歯の治療は、すでに虫歯が進行しているために歯を削る部分も大きくなります。また、歯の神経まで虫歯が進んでいる場合は、治療に時間もかかってしまいます。

そうなることを防ぐためにも、大事だと考えられているのが予防歯科です。
予防歯科では、治療ではなく予防に重点を置いた歯のケアを行います。定期的に歯科検診を受けて、歯についている汚れを専門的な機械を使って取り除きます。

虫歯・歯周病の原因は「磨き残し」

なぜ、このような予防歯科が大事かというと、虫歯や歯周病は歯についた汚れ(歯垢)が原因で起こるためです。

「磨き残しが原因で…?」と思われるかもしれませんが、国を挙げて予防歯科に取り組んだスウェーデンでは、虫歯・歯周病の患者さんが減少したというデータもあります。

また、虫歯・歯周病の予防はもちろん、早期発見によって治療をする部分を最小限に抑えたり治療後の再発を防いだりすることができます

予防歯科で行うPMTCとは?

どんなに念入りに歯磨きを行っている人でも、すみずみまで磨くことは大変難しく、磨き残しができてしまいます。そこで有効なのが、歯科で行う専門家による歯のケアです。

予防歯科で歯科衛生士によって行われる歯の清掃は「PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)」と呼ばれています。

この清掃では歯の表面だけでなく、歯と歯の間、歯と歯茎の間、かみ合わせの溝など、自分で磨きにくい場所を含め、歯についた汚れをすべて落とすことを目的としています。汚れを徹底的に落とすことにより、歯の表面がツルツルになり、その後の汚れも付きにくくなります。

予防歯科で行うこと

歯科医院では汚れを落とすだけでなく、フッ素塗布やシーラントと呼ばれる処置を行うことも可能です。

フッ素塗布

フッ素

「フッ素」という言葉は歯磨き粉のCMなどでもよく耳にしますね。

歯科医院で行うフッ素塗布は歯磨き粉などに入っているものよりも濃度が高く、歯を丈夫にしたり、細菌が出す酸に負けないように歯を強くしたりする効果があります。また、虫歯の初期段階であれば、フッ素を塗布することで溶け出した歯の表面の成分を修復することもできます。

特にお子さんの場合、歯が生えてすぐの時期に塗るとフッ素を取り込む量が多いため、歯が生え変わる時期のケアは非常に重要です。

シーラント

奥歯の溝など汚れがたまりやすい場所を、虫歯になる前に歯科材料で埋めてしまう処置のことです。奥歯の溝も汚れがたまりやすく虫歯になりやすいため虫歯予防にとても効果があります。

一度埋めたところも取れたり欠けたりしてしまう可能性があるため、半年を目安に歯科医院を受診することがお勧めです

ブラッシングの指導

ブラッシング指導

歯科医院での予防も大切ですが、虫歯や歯周病の予防のためには、まず日々の歯磨きがとても重要です。人によって歯並びも違うので、定期的な検診と共に歯科衛生士によるブラッシング指導を受けて、日々のブラッシングをしっかりと行っていきましょう。