根管治療

根管治療とは

根管治療

歯の根には神経と血管が通る細い管である根管が通っています。

虫歯が進行すると根管の中を通る歯の神経に細菌が感染して炎症を起こし、根の先に膿がたまります。

根管治療では、傷んだ神経や感染した神経を取り除き、根管の中をきれいに掃除して消毒します。

根管の中を無菌に近い状態にした後、再び感染しないように、根管を歯科材料すき間なく埋めてふさぐ処置を行います。

どうして根管治療を行うの?

歯の神経まで達した虫歯は何もしなくてもズキズキと激しい痛みがありますが、そのまま放っておくと、神経が死んでしまい、痛みを感じなくなります。

しかし、根管の中にはたくさんの細菌が残ったままなので、やがては細菌が根の先まではびこって炎症を起こし、歯茎や顎が腫れたり、歯を支えている骨の中に膿が溜まって骨が破壊されたりします。

骨まで破壊されてしまうと、土台がなくなってしまうので、義歯やインプラントで失った歯を補うことも難しくなってしまいます。

歯の土台を保存して、自分の歯を残すためには歯の根の治療を行うことが大切です。

また、根管の中に存在したままの細菌が血流を介して全身にめぐり、脳や心臓、肺、腎臓、関節などの全身の部位に病巣をつくり、全身疾患につながることもいわれています。

根管治療は、自分の歯と全身の健康を守るために必要な治療なのです。

拡大ルーペを使った治療

根管治療を行っても根の隅々まで治療が行き届いていなければ、再び根の先に膿がたまり、再発・再治療が必要となります。

しかし、根管はわずか直径1mm以下の非常に細い管で、肉眼では確認することができません。形や硬さも人によって異なり、曲がっているものや硬くなっているもの、枝分かれしているものもあります。そのうえ年をとるとともに、直径は細く狭くなっていき、根の先まで器具が到達しにくく時間も要します。

当院では治療の精度を高めるために、拡大ルーペを導入しています。拡大ルーペは狭くて暗い根管も、拡大して視野を確保することができるので、根管治療後の再発・再治療のリスクを減らしてくれます。