ホワイトニング

ホワイトニング治療を希望される方へ

インプラント

ホワイトニングとは、専用の漂白剤を使って、歯を白くする治療です。 主に、医院で行うオフィスホワイトニングと、ご家庭で行うホームホワイトニングがあります。

歯が茶色くなってきた、くすんで見えるなど、鏡を見たときに気づく方も多いのではないでしょうか? 「歯の着色」は、毎日歯磨きをしっかりしていても取れません。

歯の着色や変色の原因
コーヒー、紅茶、お茶に含まれるポリフェノール 歯の着色は、主に飲食物や嗜好品などによる外側からの着色が原因です。コーヒーや紅茶、お茶やワインやカレーなど、ポリフェノールを多く含むものは、歯に着色しやすいのが特徴です。1日の摂取量を一度確認してみましょう。
たばこの「ヤニ」 喫煙者の方は、たばこのヤニが大きな原因となります。
歯の神経の治療などによるもの 歯の神経を取る治療をしていたり、歯の神経が死んでしまったりしている場合は、歯に栄養が行きわたらないために、時間が経つにつれて歯が茶色く変色をしてきます。
薬の影響によるもの 永久歯が作られるまでの幼少期に飲んだ薬の影響が原因で、変色している場合もあります。
加齢によるもの 歯の表面のエナメル質は、年齢を重ねるたびに透明度が増し、中の象牙質が濃く映って見えるためです。これは、自然現象ですので、問題ありません。

歯を白くする治療の種類

ホームホワイトニング

インプラント

おうちで行うホワイトニングです。お口に合った専用のマウスピースの歯型をとって作ります。そのマウスピースに薬剤を入れ、決められた時間毎日装着します。白さの好みで、期間を調整していきますが、通常は2週間ほど連続して装着していきます。

オフィスホワイトニング

歯科医院で行うホワイトニングです。ホームホワイトニングに比べて即効性があるので、結婚式や成人式の写真撮影などの目的での施術が適しています。

ウォーキングブリーチ

変色(神経を抜いた歯)に対しての方法は、ウォーキングブリーチです。これは、歯の中に専用の薬剤を入れて、中から漂白していきます。何度が薬剤を入れ替えて、好みの白さになるまで繰り返します。

ラミネートべニア

インプラント

薬剤では効果が得られない、確実に白くなりたいという場合は、歯の表面を少し削って、セラミックの板のようなものを張り付ける、ラミネートべニアという方法があります。上記のホワイトニング方法とは異なり、歯を削って、薄い板を張り付けるので、何度も通院する必要がありません。ただし、歯ぎしりや食いしばりがひどい方や、かみ合わせが強く当たりすぎる方、歯の表面が接着しにくい方は、割れたり、はずれたりする可能性が高くなります。

ホワイトニングを行ううえでの注意点

かぶせ物の歯や、知覚過敏がひどい方、妊婦や授乳中の方、薬剤(ホワイトニング剤)のアレルギーがある方などは、ホワイトニング治療が出来ない可能性がございます。 ホワイトニングに興味のある方は一度、ご相談下さい。 ※ホワイトニングの効果に関しましては、個人差がございます。